住宅ローン借り換え審査が甘い銀行とは?

住宅ローン借り換え審査が通りやすい銀行とは?

見出し

「住宅ローン借り換えをしたいけれど転職したので審査に通るか不安」「住宅ローン借り換えの審査は厳しいって本当?」そんな心配をお持ちの方に当サイトがおすすめするのがじぶん銀行住宅ローンです。。多くの方が利用している豊富な利用実績からくる安心感。金利の安さ、ネット銀行ならではの利便性のよさ、充実した保障などトータルでみた時の条件の良さはナンバーワン。特に借り換えで変動金利を利用したいという方に最適です。

 

住宅ローン借り換えは審査基準が甘い?

住宅ローン審査は収入が多い、少ないというだけではなくこの先継続して安定した返済を続けることができるかどうかという点がも最も重視されます。これは借り換え審査でも同様です。

矢印

その基準はあなたの年齢・勤続年数・勤務先・自営業かどうか・就業形態・年間の返済額と年収の割合である返済負担率・健康面の問題・車のローンや教育ローンの残高・キャッシング、カードローン借り入れ・これまでのクレジットの支払いやローン返済の延滞などの個人信用情報といったことまで細かな点までしっかりとチェックされます。

 

住宅ローン借り換えの場合にはこれにプラスして現在の担保物件の価値、物件評価が重要になってきます。新築から時間が経過して不動産の価値が大幅に下がっている。当初の頭金が少ない等の理由でオーバーローンの状態になっている。地価が下落して担保価値が大幅に下がっているといった場合には住宅ローン借り換え審査に通らないことも考えられます。

 

住宅ローン借り換えの審査基準はそれぞれの金融機関によって違いますし、住宅金融支援機構と民間銀行が提携して貸し出しているフラット35ではまた違った審査基準があります。もちろん借り入れを希望する方の条件は千差万別です。そのため人によってこの銀行は審査が甘いとか厳しいと評価が分かれることがあります。

 

住宅ローン借り換えを検討する際にはひとつの銀行だけに絞って計画を立てるのではなく、あらかじめ借入れ条件のいい複数の銀行をピックアップしておき、同時に資料請求をし比較してから申し込みを行うことで、万が一審査に落ちてしまった場合の保険をかけておきましょう。

 

 

借り換え審査が甘い銀行がある?

日本全体の景気がよく金利が高い時代に住宅ローンを組んでしまったため、金利が低くなっている現在どうしても住宅ローン借り換えをしたいという方なら審査が甘い銀行があればぜひそこを利用したいと思うはず。実際に基準が甘い銀行というのは存在するのでしょうか?

矢印

住宅ローン審査基準はどの金融機関もすべてを明示しているわけではありませんし、それぞれの銀行によって基準も変わります。そのなかでも審査の基準となる数字を厳密に満たしていない場合には全て落ちてしまう銀行もあれば、その人を見て判断するといったことを売りにしている銀行もあります。そういったことを考えれば比較的基準が甘い金融機関は存在するといえます。一般的には大手のメガバンクよりも、その地域に密着した営業を行っている地方銀行や地元の信用金庫のほうが審査に通りやすいとされています。

 

しかし、その判断は口コミやこれまでの経験から導き出されたもの。年収や勤務先、勤務年数、借入金額、物件の評価などの条件は千差万別、人によってまったく異なりますから、ある銀行が借り換え審査が甘い、厳しいというのは一概には言えるものではありません。

 

つまり、住宅ローン審査に通るか不安な方は、どこの銀行が甘いか、厳しいかということを気にするよりも、基準が異なる金融機関を試してみるということの方が大事。一般の住宅ローンでも銀行ごとに通るための基準は変わりますし、フラット35は公的な性格が強いローンなので審査基準が一般の住宅ローンとは大きく異なります。他で審査落ちしてもフラット35では通ったというケースもあります。借り換え条件の良い金融機関をいくつか比較して最低でも3つの銀行に申し込みをする。これが失敗しないための当サイトおすすめの方法です。

 

 

借り換え審査通らない理由は?

金融の自由化やネットバンクの登場によってここ数年で金利が安く条件の良い住宅ローンがどんどん登場しています。しかしこのことが借り入れる側にとってマイナスになる場合もあるのです。

矢印

金利が低い、団信保険料無料、繰り上げ返済手数料無料など借りる側にサービスがよくなると審査基準が厳しくなる傾向があるのです。借り換え条件が良いということは銀行側のリスクが高くなるということになります。そのためより安定した借り手を求めるからです。

 

景気の低迷が長く続くと最初に借りたときと収入が変わっていない、もしくは逆に年収が下がってしまっているということも多くなります。借り換え相談を見てみると当初の予想より返済負担が大きくなっているため借り換えをしたいと考えても、収入の基準を満たせないというケースも増えているようです。

 

具体的に主要な銀行の住宅ローン審査基準や借り換え条件を見てみると、年収の下限は300万円~400万円、勤続年数は3年以上。団信保険に加入できることといった点が共通しています。まずはこの基準を満たしておくことが住宅ローン借り換えを行う際の一つの目安になるはずです。

 

住宅ローン借り換え審査ランキング【2018年11月】

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印 申し込み


住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印 申し込み


楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印 申し込み


au住宅ローン
  • セット割でau通信サービスがおトクに
  • 三菱UFJ銀行出資だから安心
  • 業界最安水準の金利!
  • 最短10日で契約完了
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
矢印 申し込み


イオン銀行住宅ローン
  • 全国110店舗以上展開
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は1万円から
  • 団信生命保険料・全疾病保険料は本人負担
矢印 申し込み

 

住宅ローン借り換え順位の理由は?

画像

ここでは住宅ローン借り換えランキングでおすすめした理由を銀行ごとにくわしく説明していきたいと思います。

 

なぜじぶん銀行住宅ローンは借り換えランキングで1位に選ばれるのか?住信SBIネット銀行住宅ローンが惜しくも2位になった理由はどこなのか?それぞれの住宅ローンのメリットとデメリットを比較して詳しく解説します。

 

住宅ローンの借り換えで悩んだときに本当に役立つおすすめの銀行はここで見つけてください。

 

 

じぶん銀行が1位の理由!メリットとデメリットは?

じぶん銀行は当サイトが一番におすすめする住宅ローン。もちろん借り換えランキングで1位ですがその理由はどこにあるのでしょうか?

 

じぶん銀行のメリットとしては

  • 最低水準の低金利を達成
  • 様々な費用が0円でお得
  • がんと診断でローン残高が半分に
  • 充実した団信保障
  • 前年度年収200万円から申込み可能
  • 仮審査最短即日回答
  • すべてネット完結で契約まで最短10日

といったおすすめポイントがあり、金利だけがランキング1位の決め手になっているわけではありません。

 

たとえば諸費用の面をみると一般団信保険料・がん保障特約保険料・保証料・一部繰上返済手数料・収入印紙代・返済口座への資金移動の全てが0円というメリットは借り換え時の諸費用の負担を小さくしてくれています。

 

住宅ローン選びの必須のポイントである団信保険料0円・保証料0円・手数料が安いという3点はすべて満たしているのは当然のことですが、さらにローンの契約手続きがすべてネットで完結し最短なら10日で契約ができるのです。

 

また他の銀行と比較した場合でも保障が充実している点も見逃せません。がん保障特約だけでなく、持病があってもOKのワイド団信や11疾病保障団信など団信に通らないという問題でお悩みの方でも満足できる保障内容を揃えています。

 

次にじぶん銀行のデメリットを挙げると

  • 長期固定金利が高い
  • 事務手数料は借入金額の2.16%

この2点になります。事務手数料については金利が安い銀行はどこも手数料定率型になるため他と比較しても実質的に差はありません。

 

金利の面では変動金利と10年までの短期固定金利では非常に優れているものの長期固定金利の金利は高くなっているためこの点だけ注意が必要です。長期固定金利で住宅ローン借り換えをしたいという方には向かないということになりますが他の面ではこれといった欠点が無いため住宅ローン借り換えランキング1位に選びました。

 

 

 

住信SBIネット銀行住宅ローンのメリットとデメリットは?
画像

住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンはネット銀行ならではの低金利と充実したサービスで安定した人気がありますが当サイトのランキングでは2位という結果になりました。

 

借り換えの場合、変動金利をじぶん銀行と比較してもじぶん銀行よりも一段低いというかなり攻めた金利設定になっています。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの基本情報をみると団信保険料0円・保証料0円・一部繰上げ返済手数料0円・返済口座への資金移動0円とじぶん銀行にも劣らないトップクラスの条件の良さを達成しています。

 

団信生命保険に関しては全疾病保障でも保険料0円なのでじぶん銀行よりも優れているといえるでしょう。

 

また金利に関しても上述の変動金利だけでなく35年の長期固定金利でもフラット35をしのぐほどの低金利を達成しています。金利で選ぶなら住信SBIネット銀行というのは正しい選択です。

 

それではなぜランキングでは2位なのかということになりますが、一つ目のポイントとして審査基準があります。

 

住信SBIネット銀行住宅ローンの概要書には収入に関しては「安定して継続した収入があること」と書いてあるだけで年収○万円から申込み可能とは書いてありません。最低限350万円から400万円あれば大丈夫だとは思いますがこの点は不親切といっていいでしょう。

 

また住信SBIネット銀行住宅ローンは本審査の結果が出るのが遅いという口コミもあります。人によっては1月半ほど審査に時間がかかったという場合もありました。

 

申し込みのハードルが少し高い、そして審査基準も厳しめになっていることが住信SBIネット銀行が2位になっている理由です。そのほかの点では1位と遜色がないおすすめの銀行です。

 

 

 

楽天銀行フラット35のメリットとデメリットは?
画像

フラット35は長期固定金利の住宅ローンへの借り換えを視野に入れている方にまず最初におすすめします。中でも楽天銀行のフラット35は最低金利は当然として事務取扱手数料も融資額×1.08%と安くトータルで見たときの総返済額が少ないというメリットがあります。

 

住宅ローン借り換えの場合フラット35は建物の適用基準が厳しいためフラット35からフラット35への借り換えというパターンが多くなる傾向はありますがフラット35も年々条件が変更されて使い勝手がよくなっているため充分にメリットがあるはずです。

 

フラット35は新しく団信付となったため現在は金利に団信保険料が含まれる形で表示されるようになりました。それでもなお35年固定金利の住宅ローンとしては非常に低い水準の金利を達成しています。

 

また審査の面でもフラット35は様々な点で独自の基準で審査を行っているため一般の住宅ローンで借り換え審査に通らなかった場合でもチャンスがあります借り換え審査でお悩みの方にも最適なのです。

 

固定金利しかないという点と建物の基準が厳しいということで楽天銀行のフラット35はランキング3位になりました。

 

お急ぎの方は>>楽天銀行フラット35公式へ

 

住宅ローン借り換えのメリットと必要な審査とは?

調査

住宅ローンの借り換えをすると、金利が圧縮されるために将来払わなければいけない利息が減り、支払い総額が減るという大きなメリットがあります。

 

シミュレーションで計算すると、それだけで返済総額が数百万円も減り毎月の返済額が大きく下がった、ということも珍しくはありません。ですから、低金利が続いている今、住宅ローン借り換えを検討している人が非常に多いのです。

 

もちろん、銀行側も需要が大きいことを知っているので、それに見合った金融商品を出して顧客を囲い込もうとしています。

 

じぶん銀行や住信SBIネット銀行といったネットバンクをはじめとして新生銀行やスルガ銀行といった先進的な取り組みに長けた銀行は早速条件が良い専用の商品を出していたりします。

 

しかし、実は借り換えは誰もにおすすめできるというものではないのです。シミュレーションでもそれほどメリットがないという人には当然ながらおすすめしません。

 

例えばよく言われている借り換えで得するための条件を満たさず、残りの返済金額が1000万円を切っている。完済までの残り返済期間が10年もない・・・といった場合には、得する金額よりも諸費用がかさんでメリットがなくなることもあります。

 

他にも金利差が1%未満の場合もあまりメリットを実感できません。後述するとおり、手数料や諸費用が掛かりますので、手間だけかかってメリットがほとんどないのであればやらないほうがいいでしょう。

 

さらに、銀行側の審査が通らないために借り入れることができないこともありえます。

 

新規に住宅ローンを借りるときも当然さまざまなことをチェックされますが、住宅ローン借り換えの際にも審査が再び行われます。

 

しかも、その場合には、はじめて借りるときよりも厳しくなる場合が少なくありません。なぜかと言うと、返済の負担軽減をしたいということは、返済に窮しているのではないか・・・という疑念が生じるからなのです。

 

実際には返済に窮しているという人よりも、変動金利や当初固定金利で安い銀行を選んで固定期間が終わる際にまた条件がいい銀行の住宅ローンに借り換える。

 

このように積極的な資産運用の一環としてよりお得な方法を探している方の方が多いのですが銀行側としてはきちんと確認しておきたいと思うわけなのです。

 

住宅ローン借り換え審査に通るか落ちるかは大きな問題と言えますが、その基準は各金融機関によって異なるため、年収や他のローンなどどういう条件なら通るのかということは一概に言えません。

 

ただし、一般的に言われているのは収入が安定していること、クレジットカードやキャッシングにおいて事故(返済遅延や返済放棄)を起こしていないこと、勤続年数が長いこと(自営業の場合は同業種で5年以上)などがあります。

 

もちろん、これらは審査基準の一部なので、これをクリアしていても落とされたり、クリアしていなくても総合的に見てOKということで通過することもあります。

 

収入、勤続年数、病歴、ライフスタイルの変化に伴う教育ローンや自動車ローンなどその他の借り入れの有無、勤務している会社の安定度など人によって条件はまったく違います。それだけに難しいといえるのですが、できるだけ条件の良い住宅ローンを提供している銀行を見つけ出してメリットの多い借り換えをすることを目指してください。

 

 

 

 

住宅ローン借り換え審査の年収の目安は?【審査通る?】

キッチン

住宅ローンを借りる際にもっとも大きな問題である金融機関の審査。あなたの現在の年収が幾らあるのかが調査され、重要な判断基準とされます。

 

長年にわたって安定して返済し続けるために継続して安定した収入があることを求められるのです。

 

しかし、現在の日本の不況の波にあおられて、めでたく新規に借り入れをしてマイホームを構えたにも関わらず、数年経つと年収が下がってしまうということがしばしば生じています。

 

あるいは、住宅ローンを借りたばかりなのにリストラをうけて転職し、それによって年収が下がってしまったという悲劇的なケースも実際にあります。

 

収入が下がり、年収額が低くなれば毎月の住宅ローンの返済が大きな負担としてのしかかり家計を圧迫します。そうなるとさまざまな方法で返済負担を減らそうと考えるのは当然のこと。

 

その一つの手段として借り換えによって毎月の返済金額を減らそうと考えるようになるわけです。

 

では、年収減は住宅ローン借り換え審査にどんな影響を与えるかを解説しましょう。

 

「年収が下がっているから、私の条件では通らないのではないだろうか」と心配になる方は多いはず。

 

確かに、しっかりと年収が確認されますし、新規に組むときよりも条件が厳しい傾向になっているのは確かです。

 

例えば、新規に借り入れるのであれば年収300万円あればOKだったものが、350万円必要になるといった具合です。しかし、基本的に新規で組む年齢と借り換えをする年齢には違いがあり、それを考慮すると極端に厳しい基準になっているわけではありません。

 

そもそも、年収が下がっている人(あるいは上がらない人)が見直しを考えるわけですので、銀行側もそのことを考慮に入れます。

 

年収のみで、はねられて落ちてしまうということはそう多くはありません。極端に年収が下がっていない限りは他の要素と比較して総合的に判断されることになるでしょう。

 

もちろん、年収が多いほうが住宅ローン借り換えに有利であることは言うまでもありません。一般的に年収の最低ラインとしては300万円から400万円が基準として決められていることが多くなっています。

 

もし、事前に今年の年収が昨年より下がると言うことがはっきりしている場合は、収入証明に記載されないうちに早めに申請するというのも一つの方法です。

 

というのは、金融機関の年収審査は源泉徴収や市町村の収入証明書を基にしているため、昨年度年収実績が評価対象になるからです。

 

今年、あるいはこの先の年収が減ることになるとしても、今のうちに申し込んでしまえば通りやすくなるわけです。逆に言えば、来年は収入がアップするとわかっている場合には、それまで待ったほうがいいということでもあります。

 

デフレが長く続き、経済成長率がなかなか上がらない現在ですから年収が下がるのは珍しいことではありません。

 

そもそも年収が毎年確実に増えるという日本の構造自体が崩れつつあります。ですから、先行きに不安を感じたら住宅ローン借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

またフラット35の場合は審査基準がまったく異なり、最低年収がいくらと決められているわけではなく、すべてのローンの返済額が年収の何パーセントになるのかが基準になります。

 

ですから、一般の銀行では最低年収を満たしていない人でもフラット35なら収入の問題をクリアすることが可能な場合があります。年収300万円以下の方の場合にはフラット35が現実的な選択肢になるでしょう。

 

フラット35は建築基準があるためそれを満たす必要が出てきますが、フラット35から他の銀行のフラット35へ借り換えするということも可能ですし、史上最低水準の金利が続いている現在ひとつの大きな候補になることは間違いありません。

 

 

 

 

住宅ローン借り換え審査が通らない理由は?

テレビ

不動産投資がブームになるなど最近はサラリーマンでも資産運用を真剣に考える方が増えてきました。

 

住宅ローン借り換えによって将来の利息を圧縮できれば、住宅ローンの支払い総額をかなり減らせることが多いですから、資産運用に回す資金を作ることが出来ます。

 

そして以前と比較してずっと条件がいい住宅ローンが増えてきているということがあります。

 

こうした背景もあって、住宅ローン借り換えの人気がある状態が続いています。しかし、新規に借り入れると同様、借換の場合にも審査があり、誰でも簡単に負担をへらすことができるわけではありません。

 

住宅ローンの借り換え審査で落ちてしまう、通らない要因となるのは何でしょうか。

 

それぞれの銀行の基準を見てみると新規に借り入れる場合とは重視するポイントが少し異なります。というよりも、重視するポイントが変わってくるのです。

 

新規の借り入れ時には重視されなかったポイントに比重が置かれ、逆に重視されていた要件が緩和されている場合も少なくありません。

 

例えば、先に取り上げた「担保割れ」などは緩和要件の最たるものです。新規の場合、その家の評価額以上の借入をすることなど決して出来ませんが、住宅ローン借り換えの場合は評価額の2倍以上のローンを組むことも出来ます。

 

しかし、逆により厳しくみられる条件もあります。

 

例えばキャッシングの使用や事故歴。当然、新規の場合でも重視される項目ですが、借り換えの場合はさらに厳しくチェックされる項目になります。

 

というのは、クレジットカードの支払い延滞などがあると信用調査機関において「事故歴あり」となり、「事故歴がある=これからも延滞の可能性あり」という印象をもたれてしまうからです。

 

金融機関は顧客の支払い総額が減ることに関心があるのではなく、金利も含めて資金が回収できるかどうかに関心を持っているわけなので、事故歴がある危ない人にわざわざ貸すことはしません。

 

それなので、事故歴がある場合は通らない場合が少なくないのです。故意に支払いを延滞することは少ないと思いますが、日ごろからクレジットカードの引き落としがきちんとされるように気を配っておきましょう。

 

そして、キャッシングも可能なら使用しないほうが無難です。さらに最近はクレジットカードやキャッシングカードを発行してもらうだけで沢山の特典が付くことがあるため、何枚も、人によっては20枚近くクレジットカードや消費者金融のキャッシングカードを持っている場合がありますが、これもあまり望ましくありません。

 

不要であればまずはクレジットカードやキャッシング用のカードは解約してから審査に申し込むようにしましょう。

 

 

住宅ローン借り換え審査にかかる期間は長い?

イメージ

住宅ローン借り換えの審査にはどれくらいの時間がかかるのか気になる方も多いと思います。ここでは借り換え期間について考えます。

 

住宅ローン借り換えをするには絶好のタイミングの今、いざ手続きを進めたいと思って申し込んでみたら1月以上も待ったのに審査落ち。時間も手間もかかる住宅ローン借り入れでそんな経験は絶対にしたくないはず。

 

実際のところ住宅ローン借り換えに必要な期間はどれくらいなのでしょうか?

 

住宅ローンの審査は借り換えの場合でも仮審査と本審査の二つの審査に通る必要があります。一般的に言われているのが仮審査の結果が出るまでに3日~1週間。本審査の場合は1週間~1ヶ月長いときにはそれ以上かかる場合もあるとされています。

 

この審査期間は待つだけの時間ですから短縮することは不可能。さらに銀行から指定された納税証明など必要書類を用意するのにも時間がかかります。

 

またネット銀行の場合、書類のやり取りまでWEBでできる銀行もありますが郵送で必要書類のやり取りをする銀行の場合には必要書類の受け取りと提出にも時間が必要です。

 

トータルで考えると住宅ローン借り換え審査に必要な期間は1ヵ月~というのが一般的な条件になります。

 

短期固定金利の期間が終わるなどの理由で急ぎで住宅ローン借り換えをすすめたい方は後で詳しく説明しますがじぶん銀行住宅ローンやARUHIなど審査が早い銀行・金融機関を利用することをおすすめします。

 

逆に低金利や保障が充実しているなど借入れ条件がいい住信SBIネット銀行の住宅ローンは審査のスピードという面では悪い口コミを目にすることがあります。

 

金利比較や借入れ条件の比較に加えて審査期間なども考慮するとトラブルの予防になります。

 

 

 

審査が早い住宅ローンはどこ?
審査の流れ

審査が早い住宅ローンといえば当サイトの住宅ローン借り換えランキング1位のじぶん銀行住宅ローンがまずおすすめです。

 

まず仮審査についてですがじぶん銀行の住宅ローンは仮審査の回答が最短即日、口座が無くても申し込みできるのであなたの希望する条件で借り入れが可能かどうかということがすぐにわかります。

 

仮審査の申し込みは個人の信用情報などに記録されることは無いので、借り換えを希望する銀行を複数ピックアップして申し込むことをおすすめします。一つに絞った場合、本審査で否決されたときに時間だけが経ってしまうという残念な結果が待っています。

 

また本審査の審査期間も短く1週間程度で結果がわかります。

 

じぶん銀行の住宅ローンは申し込みから契約まですべてネットで完結するため必要書類の郵送などで時間をとられることが無く手続きをシンプルに進めることができるというメリットがあるのです。

 

その結果じぶん銀行住宅ローンは最短10日で契約完了まで進めることができるというスピード審査を実現しました。

 

急いで申し込む必要がある方にとってじぶん銀行住宅ローンは強い見方になってくれるはずです。